3,980円以上のご購入で送料無料

平日12時までのご注文は当日発送

BEAUTY

ABOUT

ABOUT

誰よりもバラを愛し、
誰よりもバラに愛されたい

私たちROSE LABOのスタッフは女性が多く、
バラを愛する幅広い世代が
心を込めて仕事をしています。
商品開発から販売までの過程で、
女性の感性を何よりも大切にしています。

お客様が求めることに対して、
私たちが“食べられるバラ”を通してどう応えていくのか。
世の中のトレンドや市場、
そして未来を見据えながら日々追求しています。

私たちは農薬不使用の
“食べられるバラ”しか栽培をしていません。
見た目の変わらない農薬を使用する
観賞用のバラを誤って出荷したり、
農薬を飛散させない為にも
“食べられるバラ”しか栽培しないのです。

誰よりもバラを愛し、バラに魅了された私たちが

自分たちの手で苗を植え、一輪一輪しっかりと育てる。
商品化、販売までのすべてを見守り、一貫して品質管理を行う。

それが私たちのポリシーであり、
ROSE LAB0が存在する理由です。

植物と農園

自分たちが育てたバラだから
愛情と安心も一緒にお届けできます。

わたしたちは“食べられるバラ”を育てています。

観賞用ではなく“食べられるバラ”を
栽培するということは
「安心して召し上がっていただける品質の
バラづくりをする」ということ。

そのためにたどり着いたのは「農薬不使用」、
そして「ビニールハウス内で
土を使用しない」栽培方法です。
農薬を使用しないという選択肢は、
日々、虫や病気と戦うということでもあります。
一般的な観賞用のバラが、
農薬を使用して栽培されるのは、
ビニールハウス内で虫や病気が発生してしまったら、
バラが全滅してしまう可能性があるから。

でも、私たちROSE LABOが栽培しているのは、
お客様が安心して召し上がることができるバラ。
第三者機関による276項目にもおよぶ
残留農薬検査で全ての農薬が不検出。
私たちのバラは“食べられるバラ”として、
公的機関による検査で安全性が証明されています。

農薬を使用せずに丁寧に
愛情を込めて育てたバラだからこそ
お客様に安心してお届けできるのです。

試験検査成績書

高い平均気温。やさしい人たち。
バラにとって埼玉県深谷市は『居心地の良い』場所。

バラは1日の平均気温を足していき、
約1,000℃に達した日に花を咲かせます。
業界用語では「積算温度」と呼ばれています。

平均気温が高ければ高いほど
「積算温度」に早く達し、バラが開花。
暑すぎると小ぶりになったり
花びらの色が薄くなってしまって
観賞用には向きませんが
私たちが育てるのは“食べられるバラ”。
「日本一暑い街」と呼ばれる熊谷市に近く、
平均気温の高い深谷市は“食べられるバラ”にとっては
『居心地の良い』場所です。

深谷市は「花の街」と呼ばれるほど、
実は花卉(かき)園芸の一大産地として有名。
そして何よりも深谷の人はとてもやさしく、
面倒見の良い人ばかりです。
困っているときには必ず手を差し伸べてくれます。

深谷で私たちはバラと温かい人たちに
囲まれながら仕事をしています。

S-GAP

2019年8月 S-GAP取得

農業において、食品安全、環境保全、労働安全
等の持続可能性を確保するための生産工程管
理の取組ができている証明書です。

食べられるバラを通して
美しく・健康に・幸せに

私たちの経営理念は「食べられるバラを通して美しく・健康に・幸せに」を掲げています。
幼少期から愛して止まない「バラ」が食べられることを学生時代に知り、
わくわくが止まりませんでした。
食べられるバラの安全性と未知なる可能性を追求したい。
バラの素晴らしさやちからを世界中に届けたいというバラ愛の一心で
家族に農家がいないなか20歳で農業界へ飛び込み修行を重ねました。
農地を探すところからはじめ、荒れた耕作放棄地を整え、
農園を構えてROSE LABOが誕生しました。
バラ愛に満ちた、同じ志をもつ仲間たちと共に日々丁寧にバラの栽培を行い、
コツコツと誠実にバラの素晴らしさや魅力を世界中にお届けします。

バラ農家・ローズ美容家
バラ農家・ローズ美容家
田中綾華

『環境への取り組み』

自然と共存していく農家である
私たちROSE LABOだからこそ、
環境への取り組みを大切にして
原材料からこだわり
誠実なものづくりを行います。

  • 1

    遺伝子組み換え原料は使用しません

  • 2

    製品における動物実験は一切行いません

  • 3

    環境に配慮した FSC®認証マーク(森林認証制度)付きの資材を使用

  • 4

    次世代へバトンを繋ぐ

    自然体系を壊さないため、また社員や近隣の方の健康を守るためにも
    農薬は一切使用していません。 

  • 5

    フラワーロスに向き合う

    私たちは自分たちで育てた規格外品となった食用バラを破棄するのではなく、
    このバラを使って自社の製品開発を⾏っています。
    また工場での大量生産ではなく生産する個数にもこだわった結果、
    2019年11⽉から25ヵ⽉連続で自社製品である
    加工食品と化粧品の廃棄数ゼロを達成しています。
    栽培・製品開発・販売まで自社で⾏うからこそ可能になる取り組みを今後も継続していきます。