深谷DIARY(2019年6月3日)

2019.06.03

埼玉県深谷市の私たちの農場のビニールハウス

こんにちは。

 

今日からROSE LABOの栽培地である埼玉県深谷より、

「深谷DIARY」をお伝えします。

 

皆さま「食べられるバラ」をどうやって育てているのか?

気になっていらっしゃると思います。

後々、どうしてROSE LABOが深谷を選んだのか?

毎日どんな作業しているの?

どんな人が栽培しているの?など

少しずつ、日記のように、皆さまにお届けします。

埼玉県深谷市の私たちの農場のビニールハウス

ここ深谷、最近とても気温が上がっています。

今日は最高気温30度、そして今週は週の半ばに33度という数字も・・・

 

私たちROSE LABOはビニールハウスで「食べられるバラ」を育てているので、

夏場はハウス内の気温が50度近くなることもあります。

今日のルージュロワイヤル

*今日のルージュロワイヤル

(花びらの大きさが内側と外側で違い、スカートみたいで可愛いですよね)

 

今日は朝6時半からバラを摘み、水撒きを行いました。

朝早くに水を撒く理由は、気温が高くなると撒いた水の温度が上昇してしまい、

根などを痛めてしまう可能性があるからです。

早朝のホワイトチャーミングたち

*早朝のホワイトチャーミングたち

 

それではまた次回会いましょう。